«

6月 25

若々しい肌に改善されます

しっとり肌を維持できます

乾燥肌や敏感肌、オイリー肌、それぞれに合った美容方法があります。自分の肌に合った化粧品を使用することもとても大切なことですが、体の内側からケアすることも重要です。乾燥肌はビタミンCを取り入れることで解消されます。この成分を豊富に含むももやイチゴを食べると肌が保湿されてしっとり潤います。ビタミンCは肌内部でコラーゲンを作り出す効果もあり、弾力がアップします。摂取し続けることで若々しくつややかな肌を維持できるそうです。

食べ過ぎに注意します

敏感肌は刺激に弱く、肌の免疫力が衰えています。改善させるには抗酸化作用が高いビタミンEが最適です。この成分はアボカドやマカダミアナッツに豊富に含まれているので、食事で積極的に取り入れるようにします。アボカドはサラダやパンに挟んだり、天ぷらにしても美味しくいただけます。マカダミアナッツはそのまま食べるほかに、ケーキやクッキーに入れても美味しいです。脂肪分が多く食べ過ぎてしまうとニキピを発生させてしまうので、量を加減するようにします。

オイリー肌には黒酢が最適です

「オイリー肌」の人は、皮脂の分泌を抑える食べ物を摂取的に取り入れることで解消されます。肉の脂身やベーコンなど脂っこいものを避けることも重要ですが、脂身を分解するお酢を摂取すると皮脂が抑えられると言われています。特に肌に良いアミノ酸が豊富に含まれている「黒酢」が最適です。1日に摂取する量は、30mlが適量となります。これ以上取り入れてしまうと胃にダメージを与えてしまうおそれがあるので、注意が必要です。

品川美容外科の告訴まとめサイト